Brooklyn × 1人 × 当たり前

このあいだ、
1人でニューヨークへ行ってきた時のことを少し。

滞在期間は約2週間
宿は若者の街ブルックリンのど真ん中

今日はその街のお話し。

空港についてさっそく宿に向かう。

途中、7,8歳くらいの女の子たちが
スマホでノリノリのR&Bを
なかなかの音量で流しながらのトランプ。

ロードバイクのニイちゃんは
ごついBluetoothのスピーカーぶら下げて
これもなかなかの音量で
ブンツカブンツカ鳴らしならサッソウと。

昼間っから家の前で
ビールとバーベキューしてる薄毛のじーちゃん達も
のりのり。

あー、
やっぱり音楽が
生活の
人生の
当たり前

好きとか
嫌いとか
そういうことじゃなく

歌うのも
踊るのも
ただただ当たり前のことなんやなー

と、いうのが宿に向かうまでに
既にパンチくらったお話し。

あ、

宿の隣の教会では朝から
大人数でコンガ叩きまくって
何かしらのお祈り。
(ゆっくり寝てたかった)

空港から宿までの
道のりだけでもこの文字数。

まだまだいっぱいあるけど
思い出のおすそ分けは
また気まぐれに任せて。

BACK